社員紹介

Q.アルマビアンカに入社した理由・決め手はなんですか


A.社内の雰囲気が和気あいあいとしていたので、入ってみて楽しく仕事ができそうだと思ったからです。
元々入社前にアルバイトとして勤務をしていたのですが、アルバイトの自分にも皆さん気さくに接してくださり、いつも楽しく働くことができていました。
また、悩んでいることがあれば、いつも誰かが親身になって話を聞いてくれていたのが印象深いです。

Q.アルマビアンカの強みはなんだと思いますか


A.一番は「デザインに力を入れている」ことです。版権元様から「御社のデザインを信頼しているので」と言われることも多く、大きな武器の一つだと実感することが多いです。
また、会社として常に新しい・面白いことに挑戦するチャンスを狙っていることも強みだと思います。
既存のビジネスモデルや企画展開だけでやっていくような、型にはまった考え方はなく、誰かのやりたい・やってみたいという気持ちを必ず聞き入れてくれます。
誰かのふとしたアイディアが無限の可能性を秘めている可能性もあるので、社内からのアイディアを逃さないように、と私も常々意識しています。

インタビュー

Q.アルマビアンカで働くことの楽しさってどんなところですか


A.私は総合職として入社して、現在版権元様への営業を担当しています。
その中で「成長している実感を得たとき」と「好きな作品に関わっているとき」に楽しさを見出すことが多いです。
前者は、企画だけでなく社内調整、スケジュール管理など、覚えることと関わる人が多い職種である分、自分のいろいろな面の能力が成長している実感をもちます。
後者に関しては、アルマビアンカは自分が担当ではない版権元様の作品でも、商品提案は社内のだれでも可能なので、環境と仕組みが整っているこの会社ならではの楽しさじゃないかなぁと思います。

Q.やりがいはなんですか


A.少し前の質問の答えと重複するのですが、「成長」です。
アルマビアンカは基本的に新しいことに対して、報連相さえしていれば何でも挑戦させてくれます。
また、挑戦にはもちろん「信頼」も必要だと思うのですが、特別なスキルが無くても真摯に働いていれば、それをしっかり見ていてくれて信頼を得ることができます。
無駄な仕事はない、すべてにやるべき理由はあると思っているので、これからも成長できるように真摯に頑張っていきたいです。

インタビュー

Q.アルマビアンカの同僚ってどういう人が多いですか


A.とにかくフランクな人が多いです!
もちろん年齢差・社歴の差はあるが、どんな人ともフラットに接することができる印象があります。
むしろ丁寧すぎて遠回しになるくらいならタメ口でもいいとも言われます(笑)
なので、悩みや相談も共有しやすい人が多いので全く遠慮しなくていいと思います!

Q.どんな人がアルマビアンカで活躍できると思いますか


A.常に何かを企画している会社なので、知っている作品が多い人はアウトプットを意識していけば活躍できます。
その他にも、いろいろな分野とのコラボを仕掛けたりもしているので、作品以外にも詳しい分野があると活かせるかもしれません。
また、自身が成長したい人や会社を成長させたい人も活躍していく印象があります。
とにかく成長曲線がすごい会社なので、任された仕事をやり遂げれば自身の成長は必ずしていくと思います。
その中でいろいろな改善点が出てくると思うんですが、それを仕組み化して、会社の成長に繋げる意識があるとはなまるです!

インタビュー

Q.印象に残ってる仕事はなんですか


A.「Tokyo 7th シスターズ」という作品で取り組んだ、マルイ様で実施した催事ですね。
初めて一人で商品開発と催事を取り回すことになったんですが、それまでの仕事の中で一番関わる部署が多く、調整などが非常に大変だった思い出があります。
催事自体は非常にうまくいって、多くのファンの方に喜んでもらえたのですが、振り返るともっとうまくできた部分もあったと振り返ることができたので、入社してほんとうの意味で「スタート」した瞬間だと思います。
未だにやりたいことややれることが多くて、全てやりきったと言えるような実績は作れてないですが、今後も常によりよい商品や企画を摸索して活躍していきたいです。


アルマビアンカでは、一緒にワクワクする商品を作り上げていく仲間を募集しています。
あなたのご応募お待ちしております

ENTRY